×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒステリックミニのターゲッティング

ヒステリックミニは、ヒステリックグラマーが作ったブランドで、子供をターゲットとして作られました。このヒステリックグラマー自体は今から約24年前に誕生しました。ヒステリックグラマーのデザイナーは、北村信彦さんで、米国の60年代から70年代のカルチャをコンセプトにしたブランドであり、キッズファッションのアート性が強いブランドが、ヒステリックミニです。ヒステリックグラマーはメンズにも人気で、SMAPのキムタクこと、木村拓也さんも、お子さんに着せているブランドとして、人気が出始めています。またヒステリックミニ自体は、ショップはたくさんあり、通販でも変えることから、子供が小さい親でも気軽にインターネットで注文できる環境にあります。またヒステリックミニの店舗ごとにセールをしたりしているので、随時チェックが大切です。

ヒステリックミニの店舗とこれから…

ヒステリックミニは、米国のウォルトディズニーのキャラクターのように、アメリカの漫画のキャラクターをモチーフにしたようなものではなく、ちょっとかわいいとはべつの、ある意味ダークな感じのある、ちょっとこれ子供用なのというものもあります。
またヒステリックグラマーの店舗は、阪急に入っていたり、札幌や広島なんかにもありますので、一度見てみるとよくわかると思います。
またヒステリックグラマーは常に進化していくように、毎年毎年テーマを変えて、試行錯誤を繰り返していますが、その結果ヒステリックミニも年々変わってきています。ある意味ヒステリックミニのファッションを好きになれるかは、ダークなコミックキャラクターを愛せるかだと思います。またヒステリックグラマーの子供服は、ある意味いままでとはかなり違う意味を持っています。ヒステリックミニの服を一度見ればわかりますが、素材もしっかりこだわっており、レザーや小物、バッグなどはかなりのこだわりが見えます。

ヒステリックミニの人気の秘密について…

なぜヒステリックミニがここまで人気なのかというと、ヒステリックグラマー自体が良質な製品を販売する事が目的であり、たまたま売っている子供服やベビー用の製品で合っただけだと思います。その証拠として、アンディ・ウォーホールの作品とのコラボもはたしています。このアンディ・ウォーホールさんとは、世界的に有名な米国の芸術家、画家、版画家と多彩な才能を持ち、ロックバンドのプロデュースや映画製作なんかもやったアーティストです。やはりヒステリックミニは、アメリカのサブカルチャーにどっぷり使っている人が作った事がよくわかります。また私が子供に使わせているのは、ヒステリックみののバッグですが、嫁もマザーズバッグを使っているほど、けっこう私の家では、よく見かけます。やはり嫁が好きだから子供に着させたいというものもあるでしょうが、けっこう通販で買っているのを見ると、なんともいえなくなります。

Copyright © 2008 ヒステリックミニのおすすめ通販生活